FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 通し狂言  小春穏沖津白波  - 小狐礼三 ー 』

2016年01月17日 13:07

新しい年 2016年を迎えてからあっという間に1月も半分が過ぎてしまいました。

今年最初の観劇は国立劇場で新春歌舞伎公演「通し狂言  小春穏沖津白波 - 小狐礼三 ー こはるなぎおきつしらなみ  こぎつねれいざ」です。


   IMG_20160117_0001.jpg



 あらすじ 日本芸術文化振興会 トピックスから抜粋

 『小春穏沖津白浪―小狐礼三―』は、大名・月本家(つきもとけ)のお家騒動を背景に、三人の個性豊かな盗賊が活躍します。天下の大盗賊・日本駄右衛門〈にっぽんだえもん〉(尾上菊五郎)、妖艶で大胆不敵な女盗賊・船玉お才〈ふなだまおさい〉(中村時蔵)、狐の妖術を自在に操る美男の盗賊・小狐礼三〈こぎつねれいざ〉(尾上菊之助)。名を馳せた三人の盗賊が、義兄弟の契りを交わして、悪人方に対峙します。


 上演時間

      IMG_0171.jpg



久しぶりの歌舞伎鑑賞に「歌舞伎っていいなぁ 日本に生まれて良かったなぁ」と。 
薄暗い劇場内が舞台の場面変化で照明が舞台上だけでなく客席も一緒に明るくなるのが好きです。布を用いて水面や山や建物を現し布を引くことで一瞬のうちに場面転換。衣装替えもきらびやかで美しい着物も見ているだけで幸せな気持ちになります。
言葉使いは難しいところもあるけれどタイムリーな演出(五郎丸ポーズ等々)で笑いを取って飽きさせない、そんなところも歌舞伎なんだよねって。

私が一番の見どころと思ったのが「大詰 第一幕 赤坂山王稲荷鳥居前の場」。私は2階席2列目通路わきのとても見やすい席だったんです。2階席から見るこの鳥居の場面は圧巻でした。回り舞台を全部使って鳥居がカーブを描きながら何列も並んでいます。鳥居の高さを変えることで奥行きを出していたり。その鳥居の上を子狐三とそれを捕まえようと捕り手方が走り回ります。捕り手さんたちのバック転がバシッと決まる。歌舞伎の世界では「とんぼ」と言うそうです。そんなとんぼをする人が幾人もいて彼たちの晴らしい動きに見とれていました。



国立劇場のロビーには新春歌舞伎公演ならではの飾り付けがしてありました。

      IMG_0163.jpg


      IMG_0167.jpg


      IMG_0166.jpg


      IMG_0165.jpg


      IMG_0168.jpg


      IMG_0175.jpg






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kero227.blog129.fc2.com/tb.php/634-0c980678
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。