FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エリザベート 2015』 7月24日(金) マチネ

2015年07月26日 12:46

「エリザベート」 3回目の観劇です。

今日こそ安心してミュージカルを楽しめる一日。そう思っていたのに今までのトラウマが残っていてどうしてもエリザベートの歌唱シーンはこちらが緊張してしまう始末。私の力が抜けたのは「私が踊る時」を聞いた後からでした。   


      CIMG2883_20150726122401d46.jpg




 キャスト

      DCF00307.jpg


 感想

花總エリザベート
 とても可憐なシシーでした。思わず花總さんの年齢を思ったけれどそれを感じさせない可愛いい表情でトートもフランツも一瞬で恋に落ちてしまうのも納得と思えるものでした。
婚礼が終わると可憐な表情は徐々に消えていきます。美しいけれど悲しみと強い意志を垣間見ることのできる皇后に変わっていく過程を丁寧に演じていました。

井上トート
 妖艶な黄泉の帝王。冷たさと気品のある井上ワールドのトートです。きれいな高音とけだるい低音の絶妙な歌声に一気に物語に引き込まれました。歩く姿抱き寄せる手の動き指先まで計算された美しさ。そこには黄泉の世界の香りがただよい不思議な音楽が流れている・・・・トートの立っているそこにはそんな情景があるだろうと客席にいても感じられました。

Wキャストのトート。二人のトートが作り上げた世界観が二人の持ち味を最大限生かされた形となって演じられていると思いました。
気品ある妖艶な井上トート。ワイルドな城田トート。二人のトートを見ることができて良かったです。

尾上ルキーニ
 イタリア人とはちょっと違うかなと思うけれど彼の持ち味を生かした独自の雰囲気を持ってルキーニ像を自分のものに作り上げていると思います。ルキーニは重要な役割だけれど目立ちすぎてはいけないし難しい役どころですね。

リトルルドルフは松井月杜君で2回目です。最初も思ったけれど彼のボーイソプラノはのびやかで良く響きます。あとどれくらい彼の歌声が聴けるのかな。


観劇に行ってもめったに買わないパンフレットを今回買いました。「新しく舞台写真が入りました」の一声に魅かれてしまいました。

      CIMG2990.jpg


買ってはいないけれど他にもいろいろ販売しています。

      CIMG2896_2015072612240472f.jpg

      CIMG2898_2015072612364279b.jpg







コメント

  1. チョンミ | URL | -

     keroさん、ご無沙汰しております。
     またまた、ブログの記事と関係ない事を書いてしますが、ボスニア・ヘルツェゴビナも行かれたんですね!!
     素敵!!
     セルビアとクロアチアとセットで行ってこられたのですか?
     素敵なお土産はありました?
     興味津々です。

  2. kero | URL | YpqZtgVo

    Re: タイトルなし

    チョンミさん こちらこそご無沙汰してます。

    毎日暑いですね。ティン君は暑さは大丈夫ですか。我が家のわんこは冷房の効いた部屋でずーーっと寝ていますよ。
    ボスニア・ヘルツェゴビナはクロアチアに行ったときに行きました。まだ戦火の傷跡が生々しく残っていました。
    2007年に行ったので紛争が終わってまだ12年しかたっていないのでまだ復興途中でした。
    ユネスコの協力で復興されたモスタル旧市街は石造りの街並みが素晴らしいです。
    クロアチア旅行は見どころがたくさんありますよ。
    機会があったら是非行ってください。お勧めです。



     

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kero227.blog129.fc2.com/tb.php/614-db7fc350
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。