FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『坂東三十三観音霊場 バス巡礼の旅 第2回』 行ってきました。

2014年07月02日 14:31

6月30日(月) 「坂東三十三観音霊場」日帰り巡礼バスツアー 第2回に行ってきました。

今回巡礼したのは 第29番 千葉寺(千葉)  第30番 高蔵寺(木更津)  第31番 笠森寺(茂原) です。

千葉県へは東京湾アクアラインを通っていきました。初体験の東京湾アクアラインです。
「海ほたる」で最初のトイレ休憩。この15分を利用して駆け足で5階まで行ってきました。

1階は海抜6m。

   CIMG1297.jpg


朝早い時間なので空いています。エスカレーターで一気に5階まで上ります。

   CIMG1298.jpg


ここ5階は海抜27m。
この日はお天気が悪くて残念だったけれどお天気ならこの方角に富士山と横浜みなとみらいが見えるはずでした。  

   CIMG1300.jpg



最初に訪れた 第29番札所 千葉寺(せんようじ)の山門 

   DSC_0013_20140702133538e4b.jpg


ここには樹齢1300年といわれるイチョウの巨木があります。

   DSC_0002.jpg


本堂  平日の午前9時 静かな境内でした。

   DSC_0004_20140702133537f92.jpg



2番目に訪れた 第31番札所 笠森寺(かさもりでら)

笠森寺は国の天然記念物に指定されている「笠森寺自然林」の中にあります。
参道に続く長い階段を上ると途中に根元から3本に分かれた「三本杉」や楠の根元が丸く開いる「子授楠」があります。

   DSC_0049.jpg
  
   CIMG1320.jpg

   DSC_0043_201407021343514e4.jpg


やっと山門に着きました。

   DSC_0025.jpg


山門をくぐり見えたのが笠森観音堂。大岩の上に建てられた観音堂です。

笠森寺の建築様式は日本唯一の「四方懸造」で国の重要文化財に指定されています。

   DSC_0028.jpg
   

笠森寺では午歳特別結縁巡礼の御開帳時に建てる回向柱(えこうばしら)が建っていました。
調べてみると回向柱には御本尊の右の御手に結ばれた金糸が善の綱となって結ばれ、柱に触れる人々にみ仏のお慈悲を伝えてくれるそうです。
確かに回向柱に繋がれた五色のお手綱は観音堂に伸びています。

   DSC_0027_20140702134223fba.jpg


観音堂に上がる階段は75段の急な木の階段です。

   CIMG1333.jpg


この岩山に建っています。61本の柱で支えられています
四面を舞台造りにした日本でも珍しい「四方懸造(しほうかけつくり)」。

   CIMG1334_20140702135953077.jpg


階段上から下を見ると階段がいかに急こう配かわかります。   

   CIMG1336.jpg


ご本尊と繋がるお手綱に願い事を書いた白い紐を結ぶと願いがかなうとのことで1月からの半年だけですごい太さになっていました。

   DSC_0035.jpg


観音堂は回廊を一周することができます。上からの眺めも楽しめます。

   DSC_0037_201407021342213c5.jpg


先達さんがほら貝を吹いていました。

   CIMG1337.jpg

   DSC_0041_20140702134351e07.jpg



今回の昼食はお刺身定食です。前回は車中でお弁当だったのできちんとしたレストランでの食事に得した気分。

   DSC_0054.jpg

   CIMG1340.jpg

このあと木更津漁港でお買い物タイムがありました。


最後に訪れた 30番札所 高蔵寺(こうぞうじ)の山門

   DSC_0061.jpg


ここにも回向柱がありました。

   CIMG1345.jpg



来月は第3回 17番万願寺(栃木)  19番大谷寺(宇都宮)  20番西明寺(益子) です。   






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kero227.blog129.fc2.com/tb.php/554-9723b083
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。